日本の貴重なコケの森29

29)龍頭峡

所在地:広島県山県郡安芸太田町大字筒賀

範囲:龍頭峡(広島県自然環境保全地域)

選定理由:観察路となる車道沿いの法面の多くは湿った岩壁となっていて、多くのコケが生育している。そのため,目の高さでたくさんのコケを容易に観察できる。奥の滝に向かう渓流沿いの遊歩道から沢に降りることも可能で,沢の転石や岩上のコケも近くで見ることができる。車道の法面には、ハイゴケ科,アオギヌゴケ科、イワダレゴケ科などの大形の蘚類の群落が多く、その群落の中にタマゴケ、オオカサゴケ、ホソベリミズゴケなどが生育している。沢の岩上にはクマノゴケやナンヨウトゲハイゴケが見られる。また沢沿いの樹幹や枝には,ヒメクサリゴケ属、カビゴケ属、モーリッシュクサリゴケ属などのクサリゴケ科20 種のほか、ヤスデゴケ科 8 種が記録されている。樹木の枝先から懸垂する蘚類としては、ハイヒモゴケ科の 3 種、ミズスギモドキ、キヨスミイトゴケ、ヒロハシノブイトゴケが生育している。